Amazonの大口出品をしてわかった意外な落とし穴(始める前に見て欲しいアマゾンせどり)

ビジネス

どうもすごろくです。今日は実際にAmazonの大口出品やFBAサービスを利用している僕が実際に使ってみて感じたことについて語っていこうと思います。


まず大口出品について説明していきます。

大口出品とは

Amazonの出品方法には小口出品と大口出品があります。この2つの手数料は以下の通りです。


【小口出品】

  1. 基本成約料(注文成約時に100円/1品)
  2. 販売手数料
  3. カテゴリー成約料

【大口出品】

  1. 月間登録料(毎月4900円)
  2. 販売手数料
  3. カテゴリー成約料


1品売れるごとに100円がかかるのが小口出品で、それが4900円に固定されているのが大口出品になります。つまり月に50品以上出品する場合は大口取引の方が得ということになりますね。また大口出品を利用するとFBAサービスを利用することができます。

FBA(Fulfillment By Amazon)とは

FBA(Fulfillment By Amazon)とはAmazonが出品者から在庫商品を預かり、商品が売れた場合梱包から発送を行うサービスで、その他にも購入者への対応などの様々な業務を担当してくれます。

家に在庫が残らないので生活スペースの邪魔になったり倉庫を借りたりする必要がありません。

意外な落とし穴

ここまで紹介した大口出品とFBAサービスですが、使っている間に意外な落し穴や問題点が出てきました。これからAmazonせどりを始めてみようと思っている方に少しでも役に立てれば良いと思います。では見ていきましょう。


1.利益の出る商品が少ない(ように見える)

FBAを使う前は利益が出る商品が結構見つかると思います。しかし、小口から大口に変えた瞬間に利益が100円以上出る商品は見つけにくくなるのです。


これは配送代行手数料が意外と高いからです。実はこの手数料は少しずつ値上げされています。下の表1、2が2020年3月31日までの手数料で表3、4は2020年4月1日からの手数料です。

旧価格


新価格

このように20〜30円も値上げされているのです。たかが数十円ですがせどりをする人にとってはとても大きな差です。これらの情報はこのサイトに載っています。

2.利益自体が少ない(ように見える)

配送代行手数料が高いので当然利益が減ります。小口出品すれば1000円利益が出るのに大口で計算すると300円くらいしか利益が出ないことなんか普通です。


しかしこれらの手数料などは一つの商品にかかる全ての手数料だと気がつきます。また小口だと自分で発送するときに初めて利益が確定するのです。これらのことから利益がどれくらい出るか正確に計算することができるのはFBAの強みだと考えられます。

このように761円も利益が出ていたのにFBAを利用すると−133円になってしまうのです。小口で出品している人は気をつけていただきたいと思います。ですが実際はFBAを利用するとAmazon primeのマークがつくので小口で出品している方よりも少し高く出品できます。

3.出品制限のある商品がある

Amazonには出品制限のある商品があります。よく見かけるのはおもちゃと香水です。特におもちゃは結構な数が出品を制限されています


もしあなたがおもちゃを見てせどりを始めようと感じたならばもう一度考え直した方が良いかもしれません。しかし解決方法がない訳でもないのでやってみるのも悪くはないとも思ってます(少し面倒ですが)。


4.利益の出る商品を50品も見つけられない

僕は最初から大口出品にしているので、せどりのことを何も知らないままFBAを利用してしまいました。そのために利益が出る商品を見つけるのにとても苦労しています。


せどりで儲けるにはある程度経験が必要です。利益の出る商品を見つけるには利益の出る商品をある程度記憶しておくことが大切なのです。記憶していると次その商品を見つけるだけで出品することができます。


そのため初っ端から大口にすることはおすすめしません。事前に大口出品でも稼げる商品をある程度リサーチしてから大口に切り替えることを強くお勧めします。

まとめ

いかがだったでしょうか。大口出品にすると良いことばかりではないということがわかっていただけましたか?今からせどりを始める方はしっかりとしたリサーチをしてから始められてください。


具体的には利益がどのくらい出るか、県内に出品できる商品がどのくらい売られているかです。せどりをやっていると長くやっているほどリサーチが速くなり利益の出る商品が見つけられるのだと感じています。これからも僕と一緒にせどりを頑張っていきましょう。ではありがとうございました。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました