2重課税される米国株の配当金について(高配当株は損?)

株式投資

どうもすごろくです

今回は米国株の配当金とアメリカの高配当株

について語りたいと思います


米国株の配当について


米国株の配当金は2重課税です


まず米国株で10%の税金がかかり

それから日本で20.315%の税金がかかり

合計30.315%も税金がかかるのです


税金が30%ほどかかるということは

これは100万円配当金を貰えるはずなのに

約70万円しか貰えないということです


税金がかかるのは仕方がないですが

どうしようもないことなのでしょうか?


じつは外国税額控除というものがあり

これは一定額を所得税額から控除できるものです

限度額はあるものの控除することができます

これを受けるにはまず確定申告をしなければなりません


特定口座の源泉徴収ありだから確定申告は不要と

僕も考えていたのですが少し違います


この場合、確定申告しなくていい人は

  • 外国株で配当金をもらっていない
  • 損益通算しても得しない

という人たちです


別にしなくても良いですがした方が得な人ですね

ちなみに僕は大学生で所得がなかったので

この控除が使えませんでした


外国税額控除を使うときには確定申告で配当を

「分離課税」か「総合課税」にし

外国税額控除に関する明細書を添付する必要があります

詳しいことはこちらをご覧ください

高配当株投資は損しているのか

よく高配当株投資は損していると言われています


それは先ほど話した通り二重課税の問題で

外国税額控除はありますがあくまでも控除です

そのほかにも様々な問題があります


それでは米国高配当株に投資する意味はあるのでしょうか


今回は

  • 国内の高配当株(ETF)投資
  • 米国のインデックス投資

の2つと米国高配当株(ETF)投資を比べたいと思います

国内高配当株

まず国内の高配当株投資ですが

配当利回りの高いETFは

  • NEXT FUNDS 日経平均高配当株50
  • NEXT FUNDS 野村日本株高配当70
  • ダイワ 上場投信-TOPIX高配当40指数

で平均4.5%、最大5%ほど

配当の面では米国株高配当ETFに匹敵していますね

しかしチャートを見てみましょう

これはNEXT FUNDS 日経平均高配当株50のチャートですが

右肩下がりになっていますよね

投資の成績はキャピタルゲインとインカムゲインで

判断されますが前者が減っていますよね

つまり日本株に投資しても効率が悪いのです


それに比べて米国株は株価が右肩上がりで

暴落を受けても回復が早い傾向があります


これらのことから2重課税されても

日本より米国の方が投資先として良いことがわかります

米国株インデックス投資

次に米国株インデックス投資ですが

この二つが特に有名ですよね

僕自身もつみたてNISAで

eMAXISSlim米国株式(S&P500)に投資しています

インデックス派と高配当派はよく対立しますが

お互いに良いところ悪いところを見ていきましょう


インデックス投資のメリット

  • 再投資型にすれば複利の効果を最大化できる
  • ほったらかしでお金が増える
  • 長期分散投資が少額でできる


インデックス投資のデメリット

  • 毎日の生活が豊かにならない
  • つまらない
  • 短期間で大きな利益を出せない


インデックス投資は複利を最大に活かした投資法で

ドルコスト平均法を活用し

時間をかければ誰でも儲けることができます

五段階評価で言えば3から4程度

落第点は取らない投資法ですね

数十年後の確実な資産形成をしたい方に向いてます


また仕事に集中したい方

家庭を大切にして投資を考えたくない方は

インデックスの定期買付けがベストです


入金力を高める時間ができるメリットもありますね


悪い点といえば毎日の生活がよくならない点です

老後2000万問題や子供の教育費の問題は解決できますが

日々の生活は変わりません


つまらないという問題点もあります

投資するのが簡単で本当にこれで良いのか

もっと良い投資手法はないかなど

考えてしまい変な損失を出してしまいます




これに比べて米国株高配当株(ETF)ですが

メリット

  • 日々の生活が良くなる
  • 配当金は確定益になる
  • 心の安定になる

デメリット

  • 配当金に2重課税がかかる
  • 減配リスク
  • キャピタルゲインが弱い

高配当株投資は毎年生活が良くなっていきます

投資していて楽しい気持ちになりますよね


また配当金が確定益になります

もし株価が暴落して損切り

または株の価値がなくなったとしても

確定した配当金は消えません


しかし欠点もあります

第一にキャピタルゲインが弱いです

僕が実際に投資しているSPYDを見てみましょう

このようにコロナショックまでは右肩上がりですが

それでもキャピタルゲインが弱いですよね

次に高配当とされているHDVも見てみましょう

どちらも同じような上がり方をしていますね

ここでAppleの株を見てみましょう

2019年から2020年の間に株価が2倍近くになっています

キャピタルゲインを狙うなら高配当株を買わない方がよいでしょう


次に減配リスクです

ETFを構成しているのは実際の米国株ですので

構成銘柄が減配するとETFの配当も減ります


ただアメリカは株主第一主義の考え方なので

日本株ほど考えなくても良いかもしれません

すごろくの考え

僕は現在SPYDに投資しています

これは僕がセミリタイヤを目指しているので

配当収入を大切にしているんです


よくインデックスでお金を増やしてから

高配当に投資しようと考える方がいますが

二次関数のように急激に上がり始めたところで

株を売ってしまうのはあまり得策ではない気がします


僕が投資でお金を増やそうと思うなら

個別株を買って倍儲けたいと考えますね

この場合なら日本株でも良いでしょう


なぜNISA口座でETFを買わないのか

という疑問もあるかと思います

僕はつみたてNISAを子供の教育費に当てるつもりでいます


20年後は1200万から1500万になると予想していて

全て子供が公立の学校に行ってくれれば

2人分はまかなえると考えているのです


つみたてNISAについては

別途解説していきたいと思います

そして高配当の中でもSPYDに投資している理由は

  • 経費率の低さ
  • 配当利回りの高さ

の2つの理由です

SPYDの詳しい話はまた次回お話しします

ではまた次回お会いしましょう

ありがとうございました

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました