自己肯定感が高いと錯覚している友達に言いたいこと。これを知らないと幸せにはなれません。

自己啓発

どうもすごろくです!皆さんの周りには自己肯定感が高いと言っている人いませんか?もしかしたらこれをご覧になっている皆さんもそうかもしれませんが、中には思い込んでいるだけの方がいらっしゃるのではないでしょうか?


今日は毎日「オレ自己肯定感高いから」と口癖のように言っている僕の友達を例に挙げながら自己肯定感が高いとは何か考えていこうと思います。

他人を批判しない

皆さんは自分が好きなことを友達に話してそれを否定されたことはありませんか?好きなものを否定されたり侮辱されたりすると嫌な気持ちになりますよね?


僕の友達は僕が好きな女優のことを話すと「鼻がブサイク」とかセンスがないとか言い、他にも僕のことを蔑んだ発言をしてきます。彼は他人の価値観を認めようとせずそして否定してきます


自己肯定感が本当に高い人は他人を批判したりしません。誰かを批判するのは自分の存在価値を見出すことができないからで、相手の価値を下げて相対的に自分の価値をあげるためです。


逆に生きてきた中で最も自己肯定感の高かった人は僕の高校の同級生で、テストの順位を見せ合っていた時、彼女は僕に頭がいいと言ってくれて僕は謙遜したのですが、「〇〇さんも頭いいよ」と返すと謙遜もなしに「ありがとう」と微笑みを返してくれました。。


彼女は少しも謙遜する気持ちはないように見え、でも高飛車な感じもせず逆に言えば男を立てるタイプにさえ感じました。テストの順位は勝っていたのに性格で僕は彼女には勝てなかったんですね。

他人の目を気にしない

皆さんは他人の目が気になる方ですか?誰にどう思われるか気になりますよね。道ですれ違う人にもどう思われているか気になるという方もいると思います。


僕の友達も世間体をよく気にします。会社をやめて事業をやりたいとか投資を始めたいとか散々言ってますが、チャレンジするのが怖くて挑戦できないそうです。失敗して他人にバカにされるのが怖いんだと思います。


また彼は服にお金をかけていて車もスポーツカーに乗っています。話を聞くと「良い服を着ると自己肯定感が上がる」と言っていたのですが、服の価値が上がっただけで自分の価値は全く変わっていませんよね。

自己肯定感が高い人は他人の目を気にしません。誰にどう思われても自分のアイデンティティを保つことができるからです。またポジティブ思考なので失敗は次の糧になることを知っています。


人生で最も後悔することは他人の目を気にしすぎて挑戦しなかったことです。皆さんも自己肯定感を高めてそんなことが無いようにしましょう。

ありのままの自分を受け入れられる(自己受容)

自分には才能があり失敗することはなく、アニメの主人公のように誰よりも社会に必要な人間だと思っていることが自己肯定感が高いということだと思っていませんか?

しかしそれは自己肯定感が高いわけではありませんし幸せにもなれません。何故なら現実の自分とのギャップに落胆してしまうからです。

本当に自己肯定感の高い人は自分をありのまま受け入れることができます。どんな自分でも肯定することができます。自分を特別な存在だと思うこと=自己肯定感が高いではないと覚えておいてください。


またそう思っていたのに他人と比べて相手が自分より上だった場合に大きな劣等感を感じることになります。他人と比べる習慣がある人は一生幸せにはなれないでしょう。

対処法

このような人に出会ってしまったらどうすれば良いのでしょうか?人を馬鹿にするネガティブ思考の人とずっと絡まなければいけないのでしょうか?今日は対処法もお教えしたいと思います。

距離を置く

このような人がいつも絡んでくるようなら距離を置きましょう。別の友達を作ってみるとか、遊びを断ったりしてみるのです。次第に話しかけてくることはなくなると思います。


次に職場の上司だった場合ですが、このような人の場合相手は変わってくれませんよね。もし嫌がらせに近いほどの行為をされているなら、部署を変えて欲しいと会社に訴えてみたりできるだけのことをやってみましょう。それでもダメなら転職がおすすめです。

他者の課題だと思い聞き流す

相手が誰かを侮辱することで自分のアイデンティティを保つタイプだった場合、こちらから見ると良い考え方ではないなと思いますが本人は全くそうは思っていません。


なのでいくらこちら側がそれは良くないと注意しても治すことはできませんよね。まず人を変えるのはとても難しいことです。


ここで登場するのがアドラー心理学の他者の課題には介入しないという考え方です。相手は自己肯定感を誤って認識しているが、僕はそれを注意して治そうとしてはいけないのです。他者の課題で自分がイライラすることは良くないからですね。


嫌われる勇気は自己肯定感を高めてくれる良い本です。まだ読んだことがない方はぜひ読んでみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?自己肯定感が高い人は誰とも比べることなくありのままの自分を受け入れられる人です。人間は生きていれば必ず誰かと関わっています。人と比べたくなる気持ちはわかりますが、幸せになりたいなら誰かと比べない方が良いです。


比べるならば過去の自分と比べてください。昔より自分は成長できているか気にすることはとても良いことだと思いますよ。


最後に自己肯定感を高められる本を紹介したい思います。


まずアドラー心理学が学べる「嫌われる勇気」です。「全ての悩みは人間関係から生じる」というフレーズがとても有名だですよね。僕はこの本と出会って世界が変わった気がします。


人と関わる世界に生きづらさを感じている方、自由になりたいと思っている方は必ず読んだ方が良いですね。記事も書きました。


皆さんが幸せになることを願っています。ではありがとうございました。


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました